MENU

イーデーエム株式会社

ID表示の豆知識TIDBITS

サーマルプリンタ

イーデーエムの提案するサーマルプリンタ

包装機取扱実績NO.1イーデーエムのサーマルプリンタ

イーデーエムでは主に包装機やラベラーに搭載し、包装フイルムやラベル等に対して日付・製造番号・バーコード・一括表示などを直接印字するのに適したサーマルプリンタを取り扱っております。

 

サーマルプリンタは、サーマルリボン(インクリボン)のインクをプリントヘッドにより熱転写して印字を行います。活字を使わないデジタル方式のサーマルプリンタは、リアルタイムに変動する製造時間や製造番号、バーコード・二次元コードなどの多様な印字を、より高品質に実現します。

1997年の「SD2」発売から20年以上にわたりサーマルプリンタをご提供している当社は、長年の経験と実績を活かし、お客様の多様なニーズにお応えいたします。

多様なニーズにお応えするイーデーエムのサーマルプリンタ

01

各種包装機に対応する豊富な
ラインナップ

イーデーエムでは、ピロー包装機から給袋包装機・多列包装機まで各種包装機に適合したサーマルプリンタをご用意。
また、高速タイプ、印字面積の広い幅広タイプなどをラインナップし、お客様の多様なニーズにお応えします。

02

最適なサーマルリボンのご提案

イーデーエムでは、サーマルプリンタだけでなく、多種多様な包材に適合する純正サーマルリボンを自社開発しております。
サーマルプリンタの性能を引き出し高品位で安定した印字を実現するために、お客様に最適なサーマルリボンのご提案が可能です。

03

安心と信頼のサポート体制

オペレータの方の不安を解消するサポート、定期点検、急なトラブルの際にも迅速に現場に駆けつけて対処するメンテナンスプログラムの充実など、末長くお付き合いさせていただくための環境が整っております。

サーマルプリンタ製品一覧

連続式サーマルプリンタ

連続式サーマルプリンタ(THP200c)

軽量コンパクトボディに、”ラジアルリボンセーブ機能”など、ハイエンドモデルクラスの高機能を標準搭載。

高速連続式サーマルプリンタ(SDX40c)

最大印字速度600mm/秒(36m/分)の高速印字を実現する高速モデル。

超高速連続式サーマルプリンタ(SDX60c)

最大印字速度1000mm/秒(60m/分)の超高速印字を実現する超高速モデル。

間欠式サーマルプリンタ

間欠式サーマルプリンタ(THP301・301L)

印字長29mm(THP301)と51mm(THP301L)をラインナップ。

高速間欠式サーマルプリンタ(SDX40i)

最大印字速度600mm/秒(36m/分)の高速印字を実現する高速モデル。

幅広サーマルプリンタ

幅広連続式サーマルプリンタ(THP400c)

最大印字面積は105mm(W)×250mm(L)を実現。一括表示印字にも対応する大面積印字モデル。

幅広高速間欠式サーマルプリンタ(SDX60/128)

最大印字面積は125mm(W)×75mm(L)を実現。一括表示印字にも対応する大面積印字モデル。

給袋包装機用サーマルプリンタ

給袋包装機用検査用カメラ内蔵間欠式サーマルプリンタ(PCP200JA)

本体に検査用カメラを内蔵することで、給袋包装機の印字に割り当てられるステーション内で印字と日付検査を行うことを実現する給袋包装機用サーマルプリンタ。

給袋包装機用間欠式サーマルプリンタ(THP200J)

本体のスライド方式により狭小スペースで優れたメンテナンス性を発揮する給袋包装機用サーマルプリンタ。

多列間欠式サーマルプリンタ

多列間欠式サーマルプリンタ(MTP3000B)

多列包装機への組込に最適な多列間欠式サーマルプリンタ。

卓上式サーマルプリンタ(オフラインでの空袋等への印字)はこちら

サーマルプリンタとは

サーマルプリンタとは、微小なヒータを並べて構成される「プリントヘッド」を用い、ヒータを選択的に加熱することで紙やフイルムなどの媒体に印字を行なう方式のプリンタです。

サーマルプリンタは、転写方式の違いにより、熱転写方式と感熱式に大別されます。

熱転写方式は、ベース材となるフイルムに感熱インクを塗布して作られた「サーマルリボン(インクリボン)」を用い、プリントヘッドの熱により塗布されたインクを被捺印物に転写することで印字を行います。

感熱式はあらかじめ感熱発色インクを塗布してある「感熱紙」や「感熱フイルム」をプリントヘッドにより直接発色させることにより印字を行います。

 

また、サーマルプリンタは民生用と産業用(業務用)に大別されますが、民生用では、熱転写式の小型の写真用プリンタ、感熱式を用いた家庭用FAXなど用途が限られています。一方産業用(業務用)では、熱転写式・感熱式ともにさまざまな用途で用いられています。

 

ここでは、当社が取り扱っている、産業用(業務用)サーマルプリンタについてご紹介します。

産業用サーマルプリンタの方式

サーマルプリンタは、プリントイメージ(プリントする文字や模様などをグラフィック化したもの)を、ドットマトリックスに展開し、プリントヘッドの熱で必要なポイントにドット形状のインクを転写することにより、ドット(点)の集合体としてプリントイメージが形成されるプリント方式です。

産業用サーマルプリンタの方式

活字式と異なり、デジタル制御で印字を行うため、文字だけでなく、バーコードや二次元コード、ロゴ等の印字も可能です。さらに、日付、時間、ナンバリングなどの変動情報も自動的に更新しながらの印字が可能です。

サーマルプリンタは、転写方式の違いにより熱転写方式と感熱式に大別され、さらに熱転写式は熱溶融型と昇華型とに分かれます。

 インク印字(印刷)対象物主な用途
熱溶融型サーマルプリンタ サーマルリボン
(インクリボン)
一般的な紙・包装フイルムなど 製品製造工程における日付やロット番号などの製品情報印字
昇華型サーマルプリンタ サーマルリボン
(インクリボン)
専用のコート紙 店頭や証明写真ボックスなどでの写真プリントやIDカード
感熱式プリンタ
(ダイレクトサーマルプリンタ)
不要 専用紙・専用フイルム レジスターのレシート、自動発券機の切符やチケット、電気ガス・水道の検針票

熱溶融型サーマルプリンタの原理と特長

熱溶融型サーマルプリンタの原理と特長

熱溶融型サーマルプリンタは、サーマルリボン(インクリボン)のインクをプリントヘッドのヒータにより加熱し溶融させ、被捺印物に転写します。

専用紙・専用フイルムは不要で、多種多様な包装フイルムや紙に対して印字が可能ですが、高品位で安定した印字を行うには、被捺印物の素材や求められる耐性(耐熱性・耐油性・耐擦過性)に適合したサーマルリボン(インクリボン)を選定することが重要になります。

基本的には1度に1色の転写となり、ドット毎のインク濃度も変えられないため、単色で濃淡のない文字やバーコードなどの印字に使われることの多い方式です。

印刷に匹敵する鮮明な印字が可能なため、賞味期限や消費期限等の日付やロット番号などの製品情報の印字では広く使われています。

イーデーエムのサーマルプリンタも熱溶融型サーマルプリンタとなります。

昇華型サーマルプリンタの原理と特長

昇華型サーマルプリンタは、サーマルリボン(インクリボン)のインクをプリントヘッドのヒータにより昇華(固体が液体になることなしに気化すること)させ、専用紙に付着させることで印字(印刷)を行います。

昇華型では、ドット毎にインクの濃度が調整でき写真印刷に耐えうる画質が得られるため、店頭での写真のデジタルプリントや証明写真ボックスなどでも用いられます。

感熱式サーマルプリンタの原理と特長

感熱式サーマルプリンタは、熱を感知することで化学反応を起こし色が変わる性質をもつ感熱インクを塗布した「感熱紙」や「感熱フイルム」を、プリントヘッドの熱により直接発色させて印字(印刷)を行うもので、ダイレクトサーマルプリンタともいわれます。サーマルリボン(インクリボン)が不要でプリンタを小型化できるため、レジスターや自動発券機、電気・ガス・水道の検針票など、幅広く利用されています。

PAGETOP