MENU

イーデーエム株式会社

ID表示の豆知識TIDBITS

産業用インクジェットプリンタ

イーデーエムの提案する産業用インクジェットプリンタ

産業用インクジェットプリンタイメージ画像

当社ではダンボールやカートンなどに対して⽇付・製造番号・バーコード・⼀括表⽰などを直接印字するのに適したピエゾ式ドロップオンデマンド(DOD)インクジェットプリンタを取り扱っております。

溶剤不要の独⾃の固形インクを使うことで、液体インクにはない⾼品質な印字、メンテナンス性に優れたインクジェットプリンタとなっております。

液体インクの課題

印字の滲み

ダンボールなどの吸収性のある表面に印字した場合、印字に滲みが生じます。そのため細かい文字の判読が難しくなる、鮮明なロゴの印字ができない、バーコードや二次元コードの印字に適さない等の課題があります。

現場環境

インクの補充や、ノズル面の清掃時にインクをこぼすなど現場をきれいな状態に保つことが難しいなどの課題があります。

固形インクによる課題解決

鮮明な印字

独自の固形インクは、ダンボールなどの吸収性のある表面に印字しても、滲むことなくシャープな印字が可能です。一括表示に含まれる小文字や、ロゴなどの印字品質を高く保つことが可能です。また、滲みのないシャープな印字は高い読み取り精度のバーコードや二次元コードの印字にも適しています。

 

外装表示のお悩み解決でさらに詳しくみる

クリーンな環境

独自の熱可塑性固形インクは有機溶剤を使用せず、クリーンな現場環境を保つことが可能です。また、インク補充は固形ブロック(ボトル)を挿入するだけでメンテナンス性にも優れています。

 

外装表示のお悩み解決でさらに詳しくみる

発泡スチロールへの印字
(MDL5800・MDL5400)

独自の固形インクは非浸透素材である発泡スチロールへの印字にも対応しております。乾燥機構等の付帯設備を設けることなく、発泡スチロールへの印字が可能です。

 

発泡スチロールへの表示のお悩み解決でさらに詳しくみる

産業用インクジェットプリンタ製品一覧

大文字用インクジェットプリンタ

⼤⽂字⽤インクジェットプリンタ(MDL5400・MDL5800)

ダンボール・発泡スチロールなどの外装に対して文字・ロゴ・バーコードなど多様な情報を、滲まず鮮明に印字可能な大文字用の産業用インクジェットプリンタです。

小文字用インクジェットプリンタ

小文字用インクジェットプリンタ(MDL6064)

カートンなどに対して日付やロット番号など文字を直接印字するのに適した小文字用インクジェットプリンタです。

産業用インクジェットプリンタとは

インクジェットプリンタとは、微細なインク粒を生成し、単独、または直列に配置された複数のノズルから被捺印物に向かってインク粒を噴射し、文字等を形成する印字方式のプリンタです。

文字や絵柄などの印字内容をドットマトリックスに展開し、被捺印物上の必要とされる箇所にインク粒を噴射配置することで被捺印物上にドットの集合体として印字内容を形成します。インクを噴出するプリントヘッドと被捺印物は非接触であり、インクの噴射の方式によってはプリントヘッドと被捺印物との距離を大きくとることも可能です。また、程度にもよりますが、凹凸部や曲面への印字も可能な場合があります。

 

インクジェットプリンタは大きく分けると民生用と産業用(工業用)の2つに分かれます。

主に文書や写真などを紙に印刷するために用いられる民生用に対して、産業用(工業用)は、主に製品製造時に日付や製造番号、バーコードなどの製品情報を製品やパッケージに印字するために使われます。

 

ここでは、当社が取り扱っている産業用(工業用)インクジェットプリンタについてご紹介します。

産業用(工業用)インクジェットプリンタの方式

インクジェットプリンタはデジタル制御で印字を行うため、文字だけでなく、バーコードや二次元コード、ロゴ等の印字も可能です。さらに、日付、時間、ナンバリングなどの変動情報も自動的に更新しながらの印字が可能です。

産業用インクジェットプリンタはインク噴射方式の違いでドロップオンデマンド方式(DOD方式)とコンティニュアス方式(CIJ方式)に大別され、印字できる内容、印字に適した対象も異なります。

 DOD(ドロップオンデマンド方式)CIJ(コンティニュアス方式)
文字の形成 複数ノズルによるドットマトリックス 単ノズルによるドットマトリックス
インク 不揮発性インク 揮発性インク
文字サイズ 小文字~大文字 小文字
印字品位 高解像度 低解像度(ドット文字)
印字対象 紙・木材等の浸透素材 紙・木材等の浸透素材、プラスチックフイルム・ガラス・金属・樹脂等の非浸透素材

DOD方式(ドロップオンデマンド方式)

複数ノズルのうち、必要なノズルから必要なタイミングでインクを噴射することで⽂字を形成する⽅式のインクジェットプリンタです。⺠⽣⽤のインクジェットプリンタも同様の⽅式を採⽤しています。DOD⽅式にはインクを噴射するしくみの違いでピエゾ式、サーマル式、電磁バルブ式等があります。

ピエゾ式の原理と特徴

ピエゾ式ドロップオンデマンド(DOD)インクジェットプリンタは、不揮発性のインクを⽤い、プリントヘッド内の複数ノズルに内蔵された圧電素⼦(ピエゾ素⼦)の電歪現象を利⽤してインクを噴射し、ドットの集合体として⽂字を形成します。多数ノズルのプリントヘッドでは⼤⾯積の印字が可能で、ノズル径を⼩さくすることで⾼解像度の印字が可能です。不揮発性のインクを⽤いることから被捺印物は紙などの吸収性の表⾯である必要があります。また、インクの噴射圧が低いため、プリントヘッドと被捺印⾯の距離を接近させる必要があります。

サーマル式の原理と特徴

サーマル式はノズル内でインクを急速に加熱して気化させ、そのときに発⽣する気泡の⾼圧を利⽤してインク噴射します。ヘッドの構造が⽐較的シンプルで⼩型化しやすく、⾼密度な印字が可能ですが、インクを加熱するので使⽤できるインクが熱劣化の少ないものに限定されます。

電磁バルブ式の原理と特徴

電磁バルブ式は、ポンプや圧縮吸気により加圧されたインクを、ノズルに設けられた電磁バルブ(電磁弁)を必要に応じ選択的に開閉することにより、必要な位置のノズルからインク粒を噴射します。電磁バルブの応答速度に限界があるため、⾼速印字には不向きで、ドット数も少ないのが⼀般的です。

CIJ方式(コンティニュアス方式)

1つのノズルから連続的にインク粒を噴射する⽅式で、連続噴射されたインク粒のうち、印字に必要とされるタイミングのインク粒のみが、電気的に制御され⽂字を形成する⽅式のインクジェットプリンタです。被捺印物を選ばないため、産業⽤インクジェットプリンタとしてあらゆる製品への⽇付やロット番号等の印字に⽤いられるインクジェットプリンタです。

CIJ式の原理と特徴

1つのノズルから連続的にインクを噴射し、被捺印物にインクを吹き付けます。印字に必要なタイミングのインク粒のみが電気的に制御され⽂字を形成しますが、⼤半のインク粒は使⽤されず、回収機構により回収されインクジェットプリンタ内部を循環します。連続噴射されるインクが常にインクジェットプリンタ内を循環しており、インクの乾燥によるノズル詰まりが発⽣しないため、溶剤を使った速乾性インク(揮発性インク)の使⽤が可能です。速乾性インクはプラスチックフイルムやガラス、⾦属、樹脂等の⾮吸収⾯への印字に適しています。

 

インクの噴射圧が⾼いため、プリントヘッドと被捺印⾯との距離を⼤きくとることができ、多少の凹凸がある⾯でも⽂字を形成することも可能です。1つのノズルから噴射されたインク粒で⽂字を形成するため、⼤⽂字、⼤⾯積の印字には向かず、⽂字としてもドット状の粗い⽂字になります。また、揮発性の⾼いインクと溶剤を使⽤するため、⽇常的なノズル洗浄などのメンテナンスが必要になります。

PAGETOP