MENU

イーデーエム株式会社

ID表示の豆知識TIDBITS

ダンボールへの印刷・表示のお悩み解決

ダンボールへの印刷・表示でお困りのことはございませんか?

ダンボールや発泡スチロールへの表示を「ラベル」「印刷」「液体インクジェットプリンタ(液体インクジェット)」でされている場合、次のようなお困りごと・課題はございませんか?
イーデーエムの「MDLシリーズ」なら、そのお悩みが解決できます。

ラベル表示での課題、「MDLシリーズ」での直接印字にすると…

ラベル代・ラベル台紙の廃棄費用
等のコストが発生

ラベル代・ラベル台紙の廃棄費用等のコストが発生

ラベルに関するコスト削減

  • ランニングコスト(ラベル代)の低減。
  • ラベル掛け替えによるダウンタイムの削減。
  • ラベル台紙の廃棄処理にかかる費用の解消。

ラベル不足で生産を止めないよう
に在庫を管理・発注するのが大変

ラベル不足で生産を止めないように在庫を管理・発注するのが大変

必要なものを、必要なとき、
必要な数だけ印字できるから安心

  • 商品ごとのラベルの在庫管理が不要。
  • ラベルの印刷だと必要な版下が不要、必要なときに必要なものをすぐ印字。
  • 小ロットにも対応。

ラベルを貼り替えられたり、
剥がれてしまうのが心配

段ボール箱に貼ったラベルは、貼り替えられたり、剥がれてしまうのが心配

改ざんを防止できる

  • 直接印字することにより、ラベルの貼り替えによる改ざんの防止に役立ちます。
  • 誤ってラベルが剥がれる心配もありません。

印刷表示での課題、「MDLシリーズ」での直接印字にすると…

商品ごとに箱が必要なため、
箱の在庫管理が大変

商品ごとに段ボール箱が必要なため、箱の在庫管理が大変

在庫圧縮・管理コスト削減

  • 共通する内容のみを印刷にし、商品で異なる箇所をMDLシリーズで印字することで在庫を圧縮可能。
  • 箱を発注・保管・管理するための人員やスペースも削減できます。

箱の在庫切れや表示内容の変更の
場合、用意できるまでに時間がか
かる

段ボール箱の在庫切れや表示内容の変更の場合、用意できるまでに時間がかかる

タイムロス削減

  • MDLシリーズなら印字内容を簡単に選択・変更・すぐに印字ができます。
  • 無地の箱さえあれば、タイムロスなく、必要な時に必要なものを必要な数だけ用意可能。

液体インクジェットの課題、固形インクの「MDLシリーズ」に
すると…

印字がにじみ読みづらく、
バーコード等にも不向き

液体インクジェットでの段ボール印字で印字がにじむ様子

にじみのない高品質印字で、
バーコード印字にも対応

MDLでの段ボール印字がにじまず鮮明な様子

  • 大文字から小文字まで鮮明に印字。
  • 各種バーコード、二次元コードも高い読み取り精度での印字が可能。

製造現場が汚れやすい

液体インクジェットだと現場が汚れ大変な様子のイラスト

現場環境をクリーンに改善

MDLだと現場環境がクリーンに改善のイラスト

  • 独自の熱可塑性固形インクは有機溶剤不要でクリーンな現場環境を実現。

起動のたびのノズル洗浄など、
メンテナンスが大変

液体インクジェットだとメンテナンスが大変のイラスト

簡単メンテナンス

MDLの簡単インク交換

  • 溶剤を使用したノズル洗浄は不要。長期停止後でも再立ち上げに特別な手間はありません。
  • インク補充は固形ブロックを挿入するだけで簡単!

MDLシリーズのダンボール印刷が
お悩みを解決!

段ボール印字のサンプル写真

インク色:黒・青・赤・緑

従来の液体インクジェットプリンタでは、ダンボールなどの浸透性のある素材ではインクが滲んでしまうため、バーコードなど鮮明さが求められる表示は難しいとされていました。

イーデーエムのMDL5800・MDL5400(MDLシリーズ)は、独自の固形インクと高解像度大面積ヘッドとの組み合わせにより、ダンボールへの滲みのない鮮明印字を実現。また、溶剤を使用しない固形インクはクリーンな現場環境の維持に適しています。

「MDLシリーズ」のメリット

  • 大面積へ鮮明印字
  • 必要な時すぐ印刷
  • 小ロット印刷対応
  • 自由なデザイン
  • クリーンなインク

01

ダンボールへの大面積への鮮明な印字を実現

MDL5800・5400の特長(バーコード印字)

MDLシリーズは、最大印字高65mm、大面積印字にも対応します。段ボールへの文字やロゴの鮮明な印字、各種バーコード・二次元コードの高い読み取り精度での印字により、従来ラベルや印刷で表示していた内容を直接印字に置き換えが可能です。

ダンボールへ直接印刷することで、ラベルに比べて包装資材を減らすことができます。使用後にラベルを分別する必要もなく、廃棄の手間や環境負荷を減らすことができます。

02

必要な時すぐダンボールに印刷できる

MDLシリーズには版下が不要です。パソコン等で作成した印刷用のデータをMDLシリーズに送るだけで、すぐに印刷することができます。インクもすばやく乾くので、印刷した段ボール箱等はすぐに使用することができます。

03

ダンボールの小ロット印刷にも対応

版下不要、パソコン等のデータから直接印刷するMDLシリーズなら、データの変更だけで簡単に異なる内容の印刷が可能なので、小ロットでもコストを気にせず印刷を行うことができます。

04

自由なデザインが可能

MDLシリーズの印刷用データは、編集ソフトを使いパソコンで簡単に作成が可能です。文字だけでなく、ロゴやイラストも使用でき、編集もすぐに行えます。版下も不要なので、印刷するデザインや内容を変更したい場合にも、すぐに対応することができます。

05

クリーンなインクで安心

MDLシリーズのインクは、有機溶剤不使用の固形インクなので、印刷時にインクがこぼれて現場を汚す心配もありません。溶剤臭もなく人体に影響のない成分を使用しているので、食品を取り扱う現場でも安心してお使いいただけます。

MDLシリーズのダンボール印刷までの流れ

パソコン等で印刷データを作成

パソコン等で印刷データを作成

MDLシリーズにデータを送信

MDLシリーズにデータを送信

段ボールなどに直接印刷

ダンボールなどに直接印刷

MDLシリーズに関するカタログダウンロード

MDLシリーズに関するお問い合わせはこちらから

当社の「個人情報保護方針」にご了解いただいたうえで下記お問い合わせフォームにご入力願います。

 

PAGETOP