MENU

イーデーエム株式会社

ID表示の豆知識TIDBITS

賞味期限印字などの固定情報の印字

固定情報の印字イメージ写真

製品表⽰の中で、賞味期限・消費期限・製造⽇・使⽤期限などの日付・製造所固有記号・ロット番号などは、⼀定の時間内、内容が変わらない固定の情報です。

賞味期限印字など固定情報の印字を⾏う場合、活字式プリンタおよびデジタルプリンタでの印字が可能です。

賞味期限印字などの固定情報印字 対応製品群

イーデーエムでは、賞味期限・消費期限・製造所固有記号・ロット番号などの固定情報の印字に対応する各種プリンタ・印字機を取りそろえております。

印字する対象物の素材、印字を行う工程、求められる印字の品質や生産能力などに応じてお選びいただきます。

各種プリンタ(印字機)の特長・印字サンプルはこちら

賞味期限印字・消費期限印字等からバーコード印字、⼀括表⽰印字までを⾼品質に実現。

初期導⼊コストを抑える活字式プリンタ。賞味期限印字・消費期限印字などに。

低ランニングコストの活字式プリンタ。賞味期限印字・消費期限印字などに。

オフラインでの空袋への鮮明印字を実現。⼀括表⽰などに。

空袋・カートンなどへのオフライン印字⽤。賞味期限印字・消費期限印字などに。

外装箱への⼤⽂字印字や⼀括表⽰など⼤⾯積の表⽰に。

多様な素材に対し⾼速・⾼精細でマーキング。⼤⾯積にも。

印字内容印字対象物印字工程から
対応機種を探す場合はこちらから

詳細検索

賞味期限・消費期限の印字とは

固定情報のうち、「賞味期限」や「消費期限」は、製品表示のなかで消費者にとって身近でよく目にするものです。
食品の安全性に関わる大切な表示でもあり、みやすい表示、間違いのない正確さが求められます。

賞味期限・消費期限の「印字」とは?

賞味期限・消費期限印字のイメージイラスト

賞味期限や消費期限は製品の製造時に決まるため、あらかじめ印刷されている商品名などとは別に、製品の製造工程内で賞味期限・消費期限の捺印を行うのが一般的で、これを印刷と分けて「印字」と呼びます。またこうした印字を行うプリンタを「印字機」とも呼びます。

賞味期限と消費期限の違い

すべての加工食品には、「賞味期限」か「消費期限」どちらかの期限表示がされています。
どちらも、開封していない状態で表示されている保存方法で保存した場合の期限で、下記のような違いがあります。

賞味期限とは

賞味期限の印字例

おいしく食べることができる期限(おいしいめやす)です。

定められた方法により保存した場合において、期待される全ての品質が十分に可能であると認められる期限を示す年月日です。期限が3か月以上の場合は、年月で表示することもあります。
賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではないので、食品ロス削減の観点からも自分で食べられるか判断することの大切さが呼びかけられています。

【スナック菓子・カップ麺・缶詰・ペットボトル飲料など】

消費期限とは

消費期限の印字例

食べても安全な期限です。

定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質劣化に伴い安全を欠くこととなる恐れがないと認められる期限を示す年月日です。期限内に食べきる必要があります。

【弁当・サンドイッチ・ケーキなど】

(参考)
※「おいしいめやす」普及啓発キャンペーンを実施します(消費者庁)

※食品の期限表示に関する情報(消費者庁)
※賞味期限と消費期限(農林水産省)

活字式プリンタとデジタルプリンタとは

印字を行うプリンタには、大きく分けて「活字式プリンタ」と「デジタルプリンタ」があります。
賞味期限印字など、一定の時間内は内容が変わらない固定情報の場合には、活字式プリンタでも印字は可能ですが、現在はサーマルプリンタなどのデジタルプリンタでの印字がスタンダードとなっています。

当社の活字式プリンタとデジタルプリンタ

イーデーエムで取り扱っている活字式プリンタ・デジタルプリンタの種類は下記となります。

活字式プリンタ

活字を用いて印字を行うプリンタで、インクが塗布されたプリンタテープと活字を用いて印字を行うホットプリンタ、インクを含浸させたホットロールと活字を用いて印字を行うホットロールプリンタがあります。

デジタルプリンタ

活字や版を用いずに印字を行うプリンタで、サーマルリボン プリントヘッドにより印字を行うサーマルプリンタ、インク粒を噴射して印字を行う産業用インクジェットプリンタ、レーザー光の照射により印字を行うレーザーマーカーがあります。

活字式プリンタとデジタルプリンタの比較

活字プリンタとサーマルプリンタの印字の比較

活字式プリンタは⽐較的導⼊コストを低く抑えられますが、印字内容が変わるタイミングで⼈⼿による活字交換が必要となり、活字温度の調整等で印字までに手間がかかります。また活字交換の人的ミスによる賞味期限等の印字間違いが発生する心配があります。

デジタルプリンタは、活字式プリンタに比べて印字内容の作成・設定から印字までの手間が少なく、人的なミスも起こりづらく、高品質な印字が安定して行えます(写真は活字式プリンタと当社サーマルプリンタの印字の比較)。
例えば、当社サーマルプリンタなら、あらかじめ作成した印字アイテムをカラータッチパネルコントローラ「EUI2」で簡単に選択・切替ができ、内蔵タイマにより日付や時間などは自動的に更新されるので、適切な印字が行えます。

PAGETOP