MENU

イーデーエム株式会社

ID表示の豆知識TIDBITS

10W出力タイプCO2レーザーマーカー(Linx SL1)

  • 製品概要
  • 印字事例
  • 仕様等
  • 動画

手軽なレーザーマーキングを実現する10W出力のエントリーモデル

Linx SL1機械写真

Linx SL1

最大印字速度:300m/分

最大印字エリア:87mm×126mm

  • コンパクトボディ
  • 高精細印字
  • バーコード対応
  • QRコード対応
  • 最大出力10W
  • 低速・中速ライン向き

「Linx SL1」は、10W発振管を搭載したCO2レーザーマーカーのエントリーモデルです。

『消えない印字のレーザーマーキング』『消耗資材の発生しないレーザーマーキング』の導入を低コストで実現します。

容易な生産ラインへの組み込みを実現

CO2レーザーマーカーLinx SL1 オフラインでのコンベヤ搭載例

コンベヤ搭載例

SL1は制御部、パワーサプライユニットを本体に内蔵しながらコンパクトボディを実現。本体正面からのレーザー照射と本体下面からのレーザー照射を行う2タイプをラインナップしています。さらに4種類のレンズバリエーションにより、用途や設置環境に適した印字面積・焦点距離の選択が可能なため、容易な生産ラインへの組み込みを実現します。
また、コンベヤ等を搭載したオフラインでの使用も省スペースで実現できます。

簡単操作・編集

CO2レーザーマーカーLinx SL1 アイテム編集操作画面イメージ写真

SL1の操作インタフェースには、大画面タッチスクリーンを採用。操作ソフト「Linx Draw」の直感的でわかりやすい操作体系により、日常の運転操作から複雑なパラメータ設定までが簡単に行えます。
さらに「Linx Draw」なら、PCがなくても印字アイテム編集が可能。日付、バーコード、ロゴなどさまざまな印字アイテムを簡単に作成できます。

導入完全サポート体制

レーザーマーカー導入には、本体の他に搬送装置、安全カバー、集じん機などの付帯設備が必要です。イーデーエムでは、機器選定から付帯設備まで必要なものをトータルシステムでご提案いたします。レーザーマーカーが初めてのお客様でも、安心して導入いただけます。

 

Linx SL1 トータルシステムでご提案イメージ図

Linx SL1 トータルシステムでご提案イメージ図

印字事例(SL1/CSL30/CSL60共通)

紙・樹脂・ガラス・PETなど幅広い素材に対してクリアで高精細な印字が可能です。

※サンプル画像はクリックで拡大表示が可能です。

※サンプル画像はタップで拡大表示が可能です。

 

カートン(バーコード)
カートン(データマトリックス)
PTPシート
スティック包装(アルミ)
ワイパーブレード
プリント基板
CD-R
樹脂ボトル

主要スペック

型式 Linx SL1
種別 CO2レーザーマーカー
最大印字速度 300m/分
スポット径 0.1mm ~ 0.45mm
印字面積 16mm × 24mm ~ 87mm × 126mm
焦点距離 92mm / 80mm / 128mm / 179mm
印字方向 0° ~ 360°
セットアップ / 操作 タッチパネル付きPC
PCソフト LinxDraw (対応OS:Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 10)
パスワードロック 多段階
固定速印字
可変速印字
警報ログ機能
標準搭載フォント種類 TTF
直前印字呼び出し
グラフィック
バーコード CODE39 / JAN13 / UPC / CODE128 / GS1-128 / UPC-A / GS1 DataBar (標準型4種* / リミテッド / エクスパンデッド)
*オムニディレクショナル、トランケート、スタック、スタックオムニディレクショナル
二次元コード データマトリックス / QR 
機械材質 ステンレス
ヘッドマウンティングオプション ダウンシュータ / ストレートシュータ
冷却方法 空冷式(標準 IP20)
電源 AC100V-120V, 200-240V・50Hz/60Hz
消費電力 350VA
重量 12.5kg
レーザー種類 RF励起CO2レーザー クラス4
最大出力 10W
平均寿命 45,000時間
波長 10.6μm
周波数 50Hz~20kHz
発振管保証 2年
使用環境 温度:5℃~35℃ 湿度:10%~90%(結露無き事)
I/O センサ / エンコーダ
通信 RS232 / Ethernet

※上記仕様は、使用条件、取付条件、環境などにより異なる場合がございます。

※弊社レーザーマーカーは、電波法による届出の対象となる製品です。本製品をご使用いただくには、設置場所を管轄する「総務省通信局」へ、「高周波利用設備許可申請書」をご提出いただき、設置時までに許可を受けていただく必要があります。詳細につきましては、お手数ではございますが、最寄の営業所まで、お問い合わせください。

SL1本体ラインナップ

Linx SL1ダウンシュータ本体
SL1ダウンシュータ
(レーザー下面照射)
Linx SL1ストレートシュータ本体
SL1ストレートシュータ
(レーザー正面照射)

Linx SL1デモ動画(解説付き)

CO2レーザーマーカー 
SL1に関するカタログダウンロード

CO2レーザーマーカー 
SL1に関するお問い合わせはこちらから

当社の「個人情報保護方針」にご了解いただいたうえで下記お問い合わせフォームにご入力願います。

 

PAGETOP