HOME > What's New一覧 > 第31回 インターフェックス ジャパン 出展レポート

第31回 インターフェックス ジャパン 出展レポート

第31回 インターフェックス ジャパン 閉幕。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

第31回インターフェックスジャパンブース写真等

 

真夏のような暑さを感じさせる2018年6月27日(水)、「第31回 インターフェックス ジャパン」の幕があがりました。

 

医薬・化粧品・洗剤を製造・研究開発するためのあらゆる機器・システム・技術が一堂に出展する本展示会。

 

イーデーエムでは、バイアルへのラベル胴巻き貼りを行うための「バイアル瓶胴巻きラベラー」、成形前のカートンにレーザーマーカでバーコード・日付を印字し検査を行う「成形前カートン捺印装置」を実機デモンストレーションにてご紹介しており、初日からたくさんのお客様が足をとめてくださっております。

ほかにも、オフラインでのボトル・瓶などへの胴巻き貼りに最適な「卓上胴巻きラベラー」を展示しております。

また、弊社ラベル制作についてもご案内。水に浸すと糊が残ることなく簡単に剥がせる「ウォーターオフラベル」などをサンプルを交えてご提案しております。

 

東5ホール E33-3(東5ホール入り口を入りすぐの通路を右折、直進してすぐ左手)にございます、イーデーエムブースにぜひお気軽にお立ち寄りください。

 

お問い合わせは最寄の営業所までお願いします。

 

バイアル瓶胴巻きラベラー

イーデーエムでは、お客様の多様なニーズ・生産環境に合わせたラベリングシステムをオーダーメイドでご提案いたします。

 

本展では『バイアル瓶胴巻きラベラー』を初出品。高速・高精度ラベラー「LMH6000」に、CO2レーザマーカ「Linx CSL30」と印字検査機「PCi170」を搭載し、期限日などをラベルに印字・検査しながらラベルを貼付します。

本装置では、印字検査をラベルの貼付前に行い、不良ラベルは貼付せずに排出するため、製品ロスを防ぐことができます。 

「ラベリングシステム」の詳細はこちらから

 

バイアル瓶胴巻きラベラー全体写真

バイアル瓶胴巻きラベラー 貼付サンプル写真など 

成形前カートン捺印装置

成形前カートンにバーコード・日付をレーザーマーカにて印字、検査を行う装置を初出品。

本装置は、供給部にストックされた成形前カートンを1枚ずつ自動供給し、レーザマーカにてバーコード・日付を印字、バーコード検査、印字検査を行い、検査で問題のなかったカートンが集積されます。

本装置搭載のCO2レーザマーカ「Linx CSL30」は、GS1データバーなど各種バーコードや極小文字も鮮明に印字が可能です。また印字検査機「PCi400」は、検査画像の全画像保存機能を標準搭載しており、トレーサビリティ対策に貢献します。

さらに、本装置は各工程を回転型(インデックス方式)に配置することで、大きくなりがちな装置を省スペースに実現します。

 

レーザーマーカ「Linx CSL30」の詳細はこちらから

印字検査機「PCi400」の詳細はこちらから

 

成形前カートン捺印装置全体写真

成形前カートン捺印装置 サンプル等 

ラベル制作

イーデーエムでは、業務用ラベルの企画・提案、制作・印刷、開発・供給を行っています。

 

会場では、水に浸すことで糊残りなくきれいに剥がしやすい「ウォーターオフラベル」、バーコードが2重になっており1枚が切り離せる「バイアル瓶向けラベル」等をサンプルを交えてご提案しております。

 

ラベル制作の詳細はこちらから

ラベル展示の様子

ウォーターオフラベルを小瓶に貼付 卓上胴巻きラベラー

会場では、オフラインでのボトルや瓶へのラベル胴巻き貼りに適した「卓上胴巻きラベラー」を展示し、ラベル制作でご紹介している「ウォーターオフラベル」を小瓶に巻きつける様子をご紹介。

卓上胴巻きラベラー展示の様子 

 

[2018.06.29更新]

PAGETOP